×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パスモ クレジットカードの選び方情報!

パスモ クレジットカードの選び方

カテゴリー :パスモ クレジットカード

パスモのオートチャージ機能を利用しようと思って、クレジットカード契約を結ぶことにしました。色々と探してみた結果、東急沿線に住んでいて、通勤で毎日東急電鉄を利用するのと東急百貨店や東急ハンズなど東急系列のお店で買い物をする機会も多いので、東急カードに決めました。
東急カード(東急ポイントカード)加盟店利用でショッピングマイルと、TOKYUポイントの両方が貯まります。ポイントは1000ポイント=1000円でパスモへチャージすることができます。またTOKYUポイントはJALマイレージへの交換も可能なんです。
年会は費永年無料というところもうれしいですね。
東急系映画館では一般料金は300円引き、大・高校生料金は200円引きでチケットを買うことができます。映画まで割引で観る事ができるんです。TOKYUポイントは家族分のポイントも合算されるので、一家で使うとよりお得になりますね。
利用する鉄道と利用する百貨店などが同系列なら、そこから発行されるカードが一番、ポイントがたまり、活用できるので、そういう選び方がオススメです!

コラム > パスモ クレジットカードの選び方について書かれています。

パスモ オートチャージサービスって?

カテゴリー :パスモ オートチャージ


パスモオートチャージサービスって何?
オートチャージサービス機能付きのパスモなら、改札機にタッチするだけで自動的にチャージされます。たとえば、パスモの残額が2,000円以下の場合、改札機で自動的に3,000円がチャージされます。
その分は後日クレジットカードより引き落としになります。
現金を用意したり、券売機の列に並んだり、うっかり金額が足りなくて
恥じをかくようなことはもうありません。

パスモオートチャージサービスを利用するには、オートチャージサービス機能付きのパスと、指定された利用代金支払い用のクレジットカードが必要です。
自動的にチャージされる便利さもありますが、
1日あたり3回(9,000円)、1ヶ月あたり16回(48,000円)を超えての利用ができないこと。
オートチャージの金額設定は、変更できないこと。
オートチャージされた金額(3,000円)のみを払いもどすことはできない。
有効期限がある。などの注意点もあります。
オートチャージした履歴は駅やバスの営業所で印字、表示できるので履歴を残しておくと後で、いつチャージされたかがわかるので支払いのときに役に立つと思います。

コラム > パスモ オートチャージサービスって?について書かれています。

パスモ オートチャージ機能カードの購入方法

カテゴリー :パスモ オートチャージ


パスモオートチャージ機能カードを購入する場合どうしたらいいのでしょうか?
オートチャージ機能が付加されたパスモを購入するには、オートチャージサービスに対応したクレジットカードへの申し込みが必要です。その上でクレジットカード発行会社にパスモオートチャージの申し込みを行います。申し込みから4週間程度でパスモが郵送されます。
利用できる提携クレジットカードは、JCB、三井住友カード、UFJニコスが発行するPastown(パスタウン)カードとパスモに参加する事業者系のクレジットカードのみで、これらのクレジットカード以外はパスモのオートチャージ用クレジットカードとして利用できません。
パスモのオートチャージサービスを利用するには、オートチャージサービス機能付きのパスモと、利用料金を引き落とす提携クレジットカードが必要な訳ですが、提携するクレジットカードによってポイントの付き方や、特典が異なるので、自分にあったカードを探すことが大事ですね。
オートチャージサービス機能付きのパスモは、登録・記名された名義人本人以外は利用できません。
クレジットカード会社から届いた時点ではパスモのチャージはゼロ円です。パスモオートチャージサービスが利用できる駅の改札機に初めてタッチしたときに自動的にチャージされます。
パスモイオートチャージサービスの申し込み時に派生するデポジットは、クレジットカードでの支払いとなります。

コラム > パスモ オートチャージ機能カードの購入方法について書かれています。